• がん対策推進企業アクションとは
  • がんについて
  • がん検診について
  • 就労支援
  • パートナー企業・団体
トップ>>がん検診のススメ(旧版) - がんの治療法

【がんの治療法】 がんの治療法は、自分で選ぶ時代です。

 がんを告知されたら、まず情報を集めてください。治療の方向性などを、医師にメモにしてもらい、とりあえずは、家に帰ることです。数センチのがんに育つためには、10~20年以上の年月がかかっています。あわてる必要はありません。その上で、別の医師からも話を訊く「セカンドオピニオン」をお勧めします。クルマを買うとき、カタログを集めたり、ショールームに行ったりして比較するのと同じことです。
 がんの完治には、「手術」、「放射線治療」、「化学療法(抗がん剤)」をうまく組み合わせることが必要です。ところが、欧米ではがん患者の6割に使われている放射線治療が、日本では、4人に1人にとどまっています。
 多くの患者さんは外科でがんの診断を受けるでしょうから、セカンドオピニオンは放射線治療医や腫瘍内科医(抗がん剤のスペシャリスト)に頼むのもよいかもしれません。
ページトップ
がん検診のススメ
がんの常識理解度チェック スタート!!
  • がん検診のススメ