• がん対策推進企業アクションとは
  • がんについて
  • がん検診について
  • 就労支援
  • パートナー企業・団体
トップ>>がん検診のススメ(旧版) - 胃がんが減っている

【胃がんが減っている】 冷蔵庫のおかげで胃がんが減っています。

 2005年の統計になりますが、前年より死亡数が減ったがんは、「胃がん」「子宮頸がん」「肝臓がん」の3つだけです。なぜ、この3つだけが減ったのでしょうか? 衛生環境がよくなったためです。
 胃がんは、塩分の高い食事やピロリ菌が原因に挙げられます。冷蔵庫が普及して、塩漬けする必要もなくなり、新鮮で清潔な食物を食べるようになって、減少し始めています。
 子宮頸がんは性交渉にともなう「ヒトパピローマウイルス」の感染が原因ですから、コンドームやシャワーを使うなど、清潔を心がければ、予防できます。子宮頸がんが減ったのは、家庭にお風呂が普及したことが大きいと思います。
 肝臓がんは、原因の8割が、肝炎ウイルスですが、輸血の血液などからウイルスを取り除くことで防ぐことができます。
 この3つのがんは感染型のもので、特にアジアに多いがんです。
ページトップ
がん検診のススメ
がんの常識理解度チェック スタート!!
  • がん検診のススメ