• がん対策推進企業アクションとは
  • がんについて
  • がん検診について
  • 就労支援
  • パートナー企業・団体
トップ>>がん検診のススメ(旧版) - タバコがなくなれば、がんが減る

【タバコがなくなれば、がんが減る】 タバコがなくなれば、男性のがんが3分の1減ります。

 がんの最大の原因は、タバコです。タバコがなくなれば、男性のがんの3分の1がなくなると言われます。
 現在、日本でもっとも死亡が多いがんが、肺がんです。タバコが原因の肺がんは男性で70%、女性で20%。とくに若い人の喫煙は危険で、20歳未満で喫煙を開始した人は、吸わない人の約6倍も肺がんによる死亡率が高いのです。
 ノドのがん・胃がん・食道がん・肝臓がんなども、タバコで増えます。あまり増えないのは、大腸がんと乳がんくらいでしょう。さらに、タバコの最大の問題は、間接喫煙による他人への影響です。
 タバコのフィルターには、タバコの煙に含まれる発がん物質などを取り除く働きがあります。つまり、間接喫煙で、まわりの人が吸い込む煙の方が、発がん性が高いのです。この点は飲酒と違います。タバコの煙は気体、お酒は液体である点が、違うのです。
ページトップ
がん検診のススメ
がんの常識理解度チェック スタート!!
  • がん検診のススメ