• がん対策推進企業アクションとは
  • がんについて
  • がん検診について
  • 就労支援
  • パートナー企業・団体
トップ>>がん検診のススメ(旧版) - 早期に見つけるメリット

【早期に見つけるメリット】 早期に見つければがんは完治します。

 がんは不治の病ではありません。現在、全体で見れば、半分程度のがんは治ると言えます。
 がんがまだ1~2センチ程度の時期、つまり、早期に発見できれば、治癒率はぐんと良くなります。
 たとえば、進行した胃がんでは、半数以上の方が命を落としますが、早期であれば、100%近く完治します。がん全体についても、早期がんの段階で治療を受ければ、9割方が完治すると言えます。
 ただし、症状が出るようながんは、早期がんとは言えません。早期のがんでは、症状はまず出ませんから、早期にがんを発見するのは検診の役割です。早期発見は、症状が出たらすぐ検査を受けることではありません。症状がないうちに、定期的に検査することが大事なのです。
ページトップ
がん検診のススメ
がんの常識理解度チェック スタート!!
  • がん検診のススメ