• がん対策推進企業アクションとは
  • がんについて
  • がん検診について
  • 就労支援
  • パートナー企業・団体
トップ>>がん検診のススメ(旧版) - 早期がんを発見できる時間

【早期がんを発見できる時間】 早期がんのうちに発見できる時間は、たった1~2年です。

 1つの細胞が1センチのがんになるまで、たとえば、乳がんでは、細胞分裂で30回、15年といった時間がかかります。
 しかし、1センチのがんが、2センチになるには、たった3回の分裂、1年半ですむのです。
 1センチ以下のがんは検査しても、発見が困難です。また、乳がんの場合、早期がんは2センチまでをさしますから、検査で発見できる早期乳がんは、1~2センチということになります。
 検診を1~2年ごとに受けなければ、がんを早期に発見できないことが分かります。
 わが国の場合、がん検診は、子宮頸がん、乳がん、大腸がん、肺がん、胃がんで有効と言われています。
 できるだけ、がんにならない、そして、仮になっても、早期発見・早期治療で完治させる、この「二段構え」が一番大事です。
ページトップ
がん検診のススメ
がんの常識理解度チェック スタート!!
  • がん検診のススメ