• がん対策推進企業アクションとは
  • がんについて
  • がん検診について
  • 就労支援
  • パートナー企業・団体

検診の種類

子宮がん検診

子宮がんについてはこちら
20歳以上の女性は、2年に1回、子宮頸がん検診を受けましょう。
■ 子宮がん検診の方法
子宮がんには子宮頸部と体部の2種類のがんがあり、両者はその部位もがんの種類も異なります。
子宮頸がんは、子宮の入り口の頸部から発生します。体がんは、子宮の奥にある内膜から発生します。

子宮頸がんの一次検診では、子宮頸部細胞診が科学的に有効であると証明され、効果が高い検診と言われています。
正常でない細胞が浸潤がんになるのに2〜3年かかるため、定期的に検診を受けることでがんになる前の段階で診断することが可能です。また、早期がんのうちに発見して治療すれば、ほとんど治癒が望めるがんですので早期発見は重要です。
多くの先進国では、ほぼ例外なく子宮頸部細胞診による検診が行われています。欧米での受診率は高く、例えばアメリカでは、18歳以上の女性の86%が過去3年以内に1回以上検診を受けています(2002年)。一方、日本では過去1年以内に受けた女性は15%足らずにとどまっています。
子宮頸がん検診の結果を受けて、次回の検診は
検査で異常なしの場合
20歳以上の方は、2年に1回、細胞診による子宮頸がん検診を受けましょう。
精密検査でがん以外の病気が
指摘された場合
治療が必要か、経過観察が必要かを、担当医と相談してください。
治療や経過観察が必要な場合には次回のがん検診は不要ですが、担当医の指示に従って、必要な検査を受けてください。
ページトップ
  • 参加方法・登録申請
  • がん検診とは
  • 検診の目的と効果
  • 検診の種類
    • 胃がん検診
    • 肺がん検診
    • 大腸がん検診
    • 子宮頸がん検診
    • 乳がん検診
  • 検診の実施状況
  • 公式DVD「いざ、検診!」
  • がん対策スライド
  • 全国7ブロックセミナー
  • がん対策推進企業アクション公式小冊子「がん検診のススメ」
  • 毎年10月開催 厚生労働省 月間キャンペーン がん検診50%キャンペーン
  • 平成28年がん検診50%推進全国大会を開催しました
  • がん対策推進企業アクション Facebookはじめました
  • がん対策推進企業アクション Facebookはじめました