• がん対策推進企業アクションとは
  • がんについて
  • がん検診について
  • 就労支援
  • パートナー企業・団体

検診の種類

肺がん

肺がんについてはこちら
男女ともに、40歳以上は年に1回、肺がん検診を受けましょう。
■ 肺がん検診の方法
肺がんの一次検診では、タバコを多く吸うハイリスクの人に対する肺X線検査と喀痰細胞診の併用、およびハイリスクでない人への肺X線検査だけが科学的に有効であると証明されています。「喀痰細胞診」は単独では行いません。肺がんの予後(治療の経過具合)はあまりよくありませんが、治療技術が進歩し、早期のうちに発見して治療すれば約8割が治るようになりました。無症状のうちに検診を受診した人では、早期の肺がんが発見される可能性が高いことが知られています。
肺がん検診の結果を受けて、次回の検診は
検査で異常なしの場合
40歳以上の方は、年1回、胸部X線検査による肺がん検診を受けましょう。
精密検査でがん以外の病気が
指摘された場合
治療が必要か、経過観察が必要かを、担当医と相談してください。
治療や経過観察が必要な場合には次回のがん検診は不要ですが、担当医の指示に従って、必要な検査を受けてください。
ページトップ
  • 参加方法・登録申請
  • がん検診とは
  • 検診の目的と効果
  • 検診の種類
    • 胃がん検診
    • 肺がん検診
    • 大腸がん検診
    • 子宮頸がん検診
    • 乳がん検診
  • 検診の実施状況
  • 公式DVD「いざ、検診!」
  • がん対策スライド
  • 全国7ブロックセミナー
  • がん対策推進企業アクション公式小冊子「がん検診のススメ」
  • 毎年10月開催 厚生労働省 月間キャンペーン がん検診50%キャンペーン
  • 平成28年がん検診50%推進全国大会を開催しました
  • がん対策推進企業アクション Facebookはじめました
  • がん対策推進企業アクション Facebookはじめました