• がん対策推進企業アクションとは
  • がんについて
  • がん検診について
  • 就労支援
  • パートナー企業・団体

パートナー企業・団体の取り組み

予防、治療、共生の具体策

予防に関しては、毎年の人間ドックにおいてもがん検診項目が含まれており、網羅的にがんを早期発見するものでしたが、民間企業では初となる国立がん研究センターとの提携により、40歳以上の社員に対し定期的に国立がん研究センターの専門医による特別がん検診を行います。人間ドックで行う項目に、大腸がん、肺がん、食道がん、子宮・卵巣がん等、がん発見に特化した項目が追加され、がんの早期発見を強化します。また、既に実施している生活習慣病予備軍への個別プログラムや、禁煙治療費の全額補助、ピロリ菌除菌や、B型/C型肝炎治療の補助も引き続き推進していきます。

治療に関しては、社内でも総合病院に匹敵する非常勤専門医を健康管理室に配置していますが、国立がん研究センターとの提携により、必要に応じて即時治療に入れる体制を作ります。また、会社として保険会社と包括契約を結び、高度先進医療費の補助も行うこととしました。

共生に関しては、7つあるディビジョンカンパニー(営業本部)と管理部門それぞれの人事・総務の責任者である8名を両立支援コーディネーターとし、キーマンとなる約500名の組織長には研修を通じた啓発を行うなど、両立支援体制を強化していきます。将来の不安軽減策としては、在職中にがんで亡くなった社員の子女の育英資金の拡充や就労支援も行います。

がんとの両立支援

今後の課題と目標

現在、伊藤忠に勤務するがん罹患者のうち、社内での病気に関する開示状況は、開示されていない方が若干名、「所属組織内共有可」としている罹患者は約4分の1、残りの方は「限定共有可」という状況です。罹患した社員が可能な限り社内で開示し組織全体で支える体制を構築すべく、この両立施策を浸透させていきたいと考えています。
社員にはがんに負けることなく、過度に心配をすることなく、思いっきり働いてほしい。がんに罹患した社員を会社全体、社員みんなで支えることで社員の絆が深まり、より強い組織が生まれ、企業価値を高めることができると思っています。

伊藤忠商事株式会社 会社概要
創業 1856年 (設立 1949年12月1日) 
代表者 代表取締役社長 岡藤正広
資本金 253,448百万円
従業員数 4,381名(2017年4月1日現在)
本社所在地 東京都港区北青山2丁目5番1号
事業概要 世界63ヶ国に約120の拠点を持つ大手総合商社として、繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において国内、輸出入及び三国間取引を行うほか、国内外における事業投資など、幅広いビジネスを展開しています。
URL https://www.itochu.co.jp/ja/
1 2 3
ページトップ
  • 参加方法・登録申請
  • パートナー企業・団体一覧
  • パートナー企業・団体の取り組み
  • パートナー専用ダウンロード
  • がん対策スライド
  • 全国7ブロックセミナー
  • がん対策推進企業アクション公式小冊子「がん検診のススメ」
  • 平成29年度がん検診50%推進全国大会
  • 平成29年がん検診50%推進全国大会を開催しました
  • がん対策推進企業アクション Facebookはじめました
  • がん対策推進企業アクション Facebookはじめました
  • 両立支援の啓発動画の紹介