• がん対策推進企業アクションとは
  • がんについて
  • がん検診について
  • 就労支援
  • パートナー企業・団体
トップ>>パートナー企業・団体>>パートナー企業・団体の取り組み>>東京海上日動あんしん生命保険株式会社

パートナー企業・団体の取り組み

【東京海上日動あんしん生命保険株式会社】「がんと闘う。」と宣言し、46の地方公共団体と協働して啓発

東京海上グループの一員として生命保険事業を営む東京海上日動あんしん生命は、23種類の保険商品を扱っていますが、なかでも「がん」への備えに強みを持つ会社です。上皮内がん100%保障の「がん治療支援保険」や抗がん剤治療に対し月額保障する業界初の特約を開発している同社では、内外に向けてどのような「がん」の啓発活動を行っているのでしょうか。その取り組みを取材しました。

「お客様をがんからお守りする運動」を推進しています

当社は生命保険会社としてお客様に保険金や給付金をお支払いしていますが、「お支払い」のみならず契約者の方々が持つ「リスクや悩み」にも積極的に向き合う方針のもと、各種サポート活動を展開してきました。がんについては2007年から「お客様をがんからお守りする運動」をスタート。その姿勢を企業広告で「がんと闘う。」と表明しています。日常の営業活動を通じて「がんに対する正しい知識」を伝えるとともに、万一罹患(りかん)してしまった患者様やご家族には、精神面からの支援を目的としたサービスを提供するなど、各種活動を実施しています。

「お客様をがんからお守りする運動」は当社、東京海上日動火災、保険代理店/取扱者が一体となって進めている運動です。がんについて「知ろう」「お伝えしよう」「お役に立とう」をスローガンとして、まずはがんに関する勉強会を定期的に行い、啓発活動の前線に立つ人間に必要な情報を提供。また、一般の方や代理店向けの「がん」についての講演会・セミナーなど、医療関係者や著名人を招き行っています。さらに、がんになって不安を抱える患者様やご家族に対しては、相談員が自宅を訪問してさまざまな悩みや相談に対応するサービスなどを実施しています。
画像:企業広告
▲「がんと闘う。」あんしん生命の姿勢を企業広告で表明している

44都道府県16市と協働して「がん検診」啓発活動を実施

画像:各種啓発ツール
▲各種啓発ツールを用途に応じて使用している
画像:小坂さん
▲がん対策推進企業アクションの窓口を務め各種活動を推進する小坂さん(取材当時)
がん検診受診率を向上させるための啓発活動にも精力的に取り組んでいます。まず全国の地方公共団体と協働で行っている取り組みがあります。高知県を皮切りに、協定などを結んでいる地方公共団体は2013年3月現在、44都道府県9市にのぼっています。ここでは各地において啓発イベントを開催するほか、「がんの正しい知識」と「検診の重要性」を伝えるリーフレットなどを配布し、検診を受診した人に対してノベルティーを差し上げる呼びかけを行うことでがん検診受診のきっかけ作りとするなど、実に多彩な活動を展開しています。

当然ながら活動に使われるツールも多様です。一例をあげれば静岡がんセンターと共同制作したリーフレット「知っておきたいがん情報」、冊子「がんを防ぐための12カ条」、女性向け乳がんチラシ、都道府県別がんチラシ、各地方公共団体との提携リーフレットなどを用意していますが、これらはあらたまった啓発イベントに限らず、日常の営業を通じても多数の人に配布していますので、私たちの営業も啓発の一助になっているととらえています。
1 2 3
ページトップ
  • 参加方法・登録申請
  • パートナー企業・団体一覧
  • パートナー企業・団体の取り組み
  • パートナー専用ダウンロード
  • がん対策スライド
  • 全国7ブロックセミナー
  • がん対策推進企業アクション公式小冊子「がん検診のススメ」
  • 平成29年度がん検診50%推進全国大会
  • 平成29年がん検診50%推進全国大会を開催しました
  • がん対策推進企業アクション Facebookはじめました
  • がん対策推進企業アクション Facebookはじめました
  • 両立支援の啓発動画の紹介