• がん対策推進企業アクションとは
  • がんについて
  • がん検診について
  • 就労支援
  • パートナー企業・団体

代表的な5がん

大腸がん 大腸がん検診についてはこちら

早期であれば100%近く完治ー検診が重要

大腸は小腸の終わりから肛門の間を指し、小腸寄りの「結腸」と、肛門に近い便をためる「直腸」に分かれます。
大腸がんの7割が、直腸周辺にできます。男性、女性とも、3番目に患者が多いがんです。

乳がん、前立腺がんと並ぶ「欧米型のがん」といえ、動物性脂肪の摂取との関連が指摘されています。肥満や肉食、アルコールは大腸がんのリスクを高め、運動はリスクを下げるといわれます。大腸がん全体の治癒率は約7割、早期であれば100%近く完治します。ただ、早期では、一般に自覚症状がほとんどありません。完治のためには、無症状の時期に発見することが重要なため、検診が有効ながんの一つといえます。
図:大腸の構造と名称
図:大腸の構造と名称
直腸付近のがんが進行すると、血便が出る、便が細くなる、おなかが痛む、下痢と便秘を繰り返すなどの症状が表れます。一方、肛門から離れた結腸のがんは、進行しても症状が出にくい傾向があります。大腸がんの診断は、大腸内視鏡で患部の組織を取って調べることにより確定します。

治療は手術が中心ですが、結腸がんと直腸がんでは方法が違います。結腸がんは、がんから上下10センチのところで腸を切り離し、つなぎ合わせます。この場合、後遺症はほとんどありません。
しかし、直腸がんは、上側を切り離せても、すぐ下側が肛門ですから、下の「のりしろ」がありません。このため、がんが肛門の近く(3〜4センチ以内)にできている場合、肛門を含めて切り取る必要が出てきます。この際には、人工肛門を付けることになります。また、性機能や排尿に関係する神経が切れてしまうこともあり、後遺症も少なくありません。
欧米では、手術の前に放射線治療をして人工肛門になるのを避けたり、手術の後で、放射線をかけて再発を予防したりします。しかし、日本では、こうした放射線治療はあまり一般的ではありません。抗がん剤も有効で、がんが再発した場合にも、抗がん剤治療によって延命が期待できるがんの一つです。
ページトップ
  • 参加方法・登録申請
  • 代表的な5がん
    • 胃がん
    • 肺がん
    • 大腸がん
    • 子宮がん
    • 乳がん
  • がんの動向
  • 部位別がん基礎講座
  • 部位別がんの統計
  • がん対策スライド
  • 全国7ブロックセミナー
  • がん対策推進企業アクション公式小冊子「がん検診のススメ」
  • 平成29年度がん検診50%推進全国大会
  • 平成29年がん検診50%推進全国大会を開催しました
  • がん対策推進企業アクション Facebookはじめました
  • がん対策推進企業アクション Facebookはじめました
  • 両立支援の啓発動画の紹介